2008年02月23日

週刊ダイヤモンド3/1号 世界連鎖不況

スポンサードリンク
来週の週刊ダイヤモンドの特集は「世界連鎖不況 迫り来る「総崩れ」の恐怖」です。

アメリカ発サブプライムショック。アメリカの景気は減速だが、中国やインドといった新興国は成長しているからなんとかなるぜー。という楽観的な見方もありますが、今回の特集はそういった楽観的な見方を否定するものです。

アメリカがこけたら、他の国や企業も無事ではすみません。日本の企業だとホンダやコマツなんかはアメリカ向け輸出の額が大きいので、アメリカが不況になると当然影響が出てくるわけです。実際輸出企業は円高の影響もありますが、株価が下がっていますな。

アメリカが世界で作られた製品をガンガン買ってくれたからこそ、他の国々は潤うことができていたのです。でも、アメリカはサブプライムショックでこれまでのようにガンガン買ってくれるかといえば、それは難しい状況です。

近いうちに世界同時の不況ということになるかもしれませんが、そのときは資本を買う最大のチャンスと考えています。

でも、特集の最後に榊原英資氏がいろいろとおっしゃっているので、あんまり不安になる必要も無いかもしれません。






cooltatujin at 22:14コメント(0)トラックバック(0)その他  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
行政書士による
無料相談会のお知らせ


新発田市地域交流センター2階
会議室 にて毎月第3木曜日に
13時半〜16時まで行なっています。

私も参加しております。
プライバシーポリシー

ブックマークに追加する

ランキング参加中です。クリックお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
プロフィール
akira








行政書士 齋藤聡
新潟県の田舎で仕事をしている。

フォトリーディング講座受講後、1日1フォトリーを合言葉に読書に励んでます。

憧れの人はビリー・ブランクス(ブートキャンプの人)
メールマガジン
悪徳商法の被害にあいにくくなる情報発信中!

カモられさんいらっしゃい 悪徳商法解約相談所
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ