2010年10月26日

ラブホテルファンドで大損

スポンサードリンク
 ラブホテルファンド HOPEシリーズの資金運用が破綻状態で、出資者が大損害を被るようです。

 ラブホテルファンドは簡単に言えば、出資者から集めたお金でラブホテルを取得し、その収益を出資者に分配するという仕組みです。運用利回り8%以上を謳っており、人気があったようです。雑誌なんかでも取り上げられているのを目にしたことがあります。

 各ファンドの投資対象が分散されておらず、リスクがありそうな感じでしたが、今回のような状態になったのは、そういうリスク以前の問題だった可能性もありそうです。

 高い利回りにはそれだけのリスクが潜んでいるものですし、場合によっては最初からほぼ勝てる見込みがない詐欺話の可能性もあります。いくら満期時に元本がほぼ戻ってくるというような話になっていても、利回りが良い預貯金みたいな感覚でお金を出すのはやめましょう。



cooltatujin at 10:53コメント(2)トラックバック(0)被害にあわないために | 投資話・資産運用 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 経験者   2010年10月29日 12:59
HOPEαシリーズは4と5を一口ずつ買い、うまく行きました、元本は返済されました。ラストを買い、コケタようです。レバレッジを利かすため、抵当をつけて借金してたようです。それは説明会時に聞きました、リスクは高いなと思いましたが。とりあえず、バブル崩壊でコケたダイエーと似たような感じです。

2. Posted by 齋藤聡   2010年10月30日 23:00
経験者さんのコメントを読ませて頂き、FXのスワップに夢中になり、サブプライムショックやリーマンショックで、それまでもらっていたスワップ分以上を軽く吹き飛ばしたことを思い出しました。

高い利回りには、その分だけリスクがありますね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
行政書士による
無料相談会のお知らせ


新発田市地域交流センター2階
会議室 にて毎月第3木曜日に
13時半〜16時まで行なっています。

私も参加しております。
プライバシーポリシー

ブックマークに追加する

ランキング参加中です。クリックお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
プロフィール
akira








行政書士 齋藤聡
新潟県の田舎で仕事をしている。

フォトリーディング講座受講後、1日1フォトリーを合言葉に読書に励んでます。

憧れの人はビリー・ブランクス(ブートキャンプの人)
メールマガジン
悪徳商法の被害にあいにくくなる情報発信中!

カモられさんいらっしゃい 悪徳商法解約相談所
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ