2004年09月03日

断る優しさ

スポンサードリンク
訪問販売や電話で勧誘を受けているとき、相手に断るのが悪いと思い、なかなか断れず話を聞き続けてしまう方が結構いるようです。

私のところにも、広告を出しませんか? というような電話が結構かかってくるんですが、たいていの場合は、「必要ありません」などと言って、すぐ電話を切ります。

広告など出すつもりは無いのですから、さっさと断ってあげた方が、相手も次のお客に電話をかけられますからね。

断ると相手に悪い、自分の印象が悪くなる そんな風に思っている方は相手のことを考えて、いらないのならすぐに断ってあげましょう。

相手に無駄な時間を使わせてはいけません。長々と話をした後に断られるのが、相手にとっては一番迷惑なのですから。

cooltatujin at 21:50コメント(1)トラックバック(0)被害にあわないために  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by みん   2004年09月08日 00:10
新聞の勧誘員が来ると、いつも「必要ありません」って断ってる。「ビール券付けますけど」って言っても揺らがない。あるとき、「新聞の申し込みで来たんですけどぉ」って言うおばさん勧誘員がいたんだけど、心の中で「来たんですけどってぇ、頼んでねぇよ」って毒突きながら「必要ありません」って言いました。今度また同じことを言ったら「頼んでねぇよ」って言おう。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
行政書士による
無料相談会のお知らせ


新発田市地域交流センター2階
会議室 にて毎月第3木曜日に
13時半〜16時まで行なっています。

私も参加しております。
プライバシーポリシー

ブックマークに追加する

ランキング参加中です。クリックお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
プロフィール
akira








行政書士 齋藤聡
新潟県の田舎で仕事をしている。

フォトリーディング講座受講後、1日1フォトリーを合言葉に読書に励んでます。

憧れの人はビリー・ブランクス(ブートキャンプの人)
メールマガジン
悪徳商法の被害にあいにくくなる情報発信中!

カモられさんいらっしゃい 悪徳商法解約相談所
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ