2004年09月05日

傍目八目

スポンサードリンク
傍目八目とは周りの人の方が、当事者よりも全体像が見えているという意味です。

テレビや新聞などの悪徳商法についての特集を見て、「なんで、こんなのに引っかかるんだろ?私なら絶対に引っかからない」と思ったことがみなさんにも1度や2度はあると思います。

それは、当事者ではなく、傍観者として全体像がよく見えているからそう思えるわけです。

ところが、いざ契約の当事者となると、契約の全体像を見抜けないで引っかかってしまうようなことがあるかもしれません。

ですから、高額な契約をする前には、家族や知人の意見を聞いてみるとよいと思います。

当事者のアナタに見えていないものが、周りの人には見えているかもしれませんよ。

cooltatujin at 22:33コメント(1)トラックバック(0)被害にあわないために  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by みん   2004年09月07日 23:57
オレオレ詐欺が、その典型だよねぇ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
行政書士による
無料相談会のお知らせ


新発田市地域交流センター2階
会議室 にて毎月第3木曜日に
13時半〜16時まで行なっています。

私も参加しております。
プライバシーポリシー

ブックマークに追加する

ランキング参加中です。クリックお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
プロフィール
akira








行政書士 齋藤聡
新潟県の田舎で仕事をしている。

フォトリーディング講座受講後、1日1フォトリーを合言葉に読書に励んでます。

憧れの人はビリー・ブランクス(ブートキャンプの人)
メールマガジン
悪徳商法の被害にあいにくくなる情報発信中!

カモられさんいらっしゃい 悪徳商法解約相談所
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ