行政書士

2009年03月14日

スポンサードリンク
 エステの相談に関するサイトを先月スタートさせましたが、相談がちらほら来るようになりました。合計で片手で数えられるくらいなんですけどね・・・

 でも、平均すると1日に訪問する人が5人にもならないサイトですからそんなに悪い数字ではなさそうです。
cooltatujin at 12:58コメント(0)トラックバック(0) 

2009年02月12日

 今、悪徳商法関連のサイトを作成しているのですが、作成している間にもこんなサイトもあったらいいんじゃないかと思いつくような状態です。

 今までやってこなかっただけで、掘り下げる余地はまだまだあったということです。

 来週からでも許認可系のサイトの作成に着手しますが、また一段落したら悪徳商法関連のサイト作成していきたいと思います。

 単にクーリングオフとか解約の話だけするのではなく、サイトを訪れた人が契約する上で参考になる情報なども掲載していきます。そういったコンテンツを作成しても依頼にはつながらないと思うんですが、クーリングオフとか解約だけの話をサイトに載せていてもつまらないと感じていますので自分が調べ、学んだことを発信していきたいと思います。

cooltatujin at 22:37コメント(0)トラックバック(0) 

2009年02月05日

 今作っている悪徳商法・消費者関連のサイトが一段落したら、次は許認可のサイトを一つ作ってみる予定です。

 インターネットなら全国対応することも可能ですが、新潟に絞って、営業してみます。これまでずっと対個人メインのサイトを作ってみましたが、企業向け許認可サイトでどれくらいの反応があるのか試してみたいと思っています。

cooltatujin at 23:31コメント(0)トラックバック(0) 

2008年12月06日

ローンを利用したから悪徳商法の相談を受けていると、多額の債務があり、任意整理や特定調停をしている人から相談を受けることもあるのですが、割賦販売法により支払いの停止を申し出ることができるケースであれば、そうした方が良い場合もあります。

逆に、悪徳商法の解約という方向で考えるよりも、自己破産などの債務整理という方向で考えた方が良い場合もあります。

相談を受けた際は、悪徳商法の解約だけにとらわれないで回答していきたいと思っています。





cooltatujin at 22:39コメント(0)トラックバック(1) 

2008年10月19日

この週末は、普段よりもメール相談が多く寄せられました。

景気が悪くなっていく中で、悪徳商法の被害によるローンはホント足を引っ張る存在だと思います。

景気の悪さが、今までなら泣き寝入りしていた人を行動に駆り立ているのかもしれないと思いました(実際の所は、たまたま多かっただけでしょうけど)。


話はそれますが、無駄なローンを払い続ける人と解約し、ローンに回すはずだったお金を投資(自分自身や金融商品)に使った人とでは、何年か後にかなりの差がついているように思います。そう考えると、悪徳商法の被害にあったせいで失うお金というのは、思っていた以上に大きい額なのかもしれません。

今やこれから数年先は、厳しいときかもしれませんが、同時にチャンスだと思っていますので、そんなときに悪徳業者に余計なお金を支払うのはかなり無駄だと思います。


cooltatujin at 23:46コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月28日

ドメインとサーバの移転がようやく完了しました。心配事が一つ無くなって、ほっとしています。うまくいかなくて、サイトがずっと表示されなくなったらどうしようかとここ数日心配でした(笑)

ワードプレスも導入できましたので、新たなブログを作ってみたいと思います。

cooltatujin at 00:05コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月24日

先日、小学校の同窓会に出席した際に、今どんな仕事しているのかと聞かれ、行政書士と答えたんですが、皆さん「何それ?」「どんな仕事?」みたいな反応でした。

行政書士って、一般にはまだまだ知名度が低いのかなーとあらためて感じました。

このような状況ですから、行政書士というのは、行政書士として売り出すのではなく、「自分は○○ができます」ということをメインにしていくしかないのだと思います。
cooltatujin at 23:53コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月14日

最近、これからどういうサイトを作っていくのがよいのだろうかといろいろ考えていましたが、自分の仕事につながりそうな分野のサイトを作っていくのがやはり良いだろうと思いました。

あまりいろいろ作っても自分だけでは仕事をこなせないわけですが、サイトを作るだけ作っておいて、まずは広告だけ出し、広告収入を得つつ、仕事をしてみようかなーと思ったら、広告ははずすこともできますし、提携してくれる人がいるならその人に仕事をしてもらうという選択肢もありです。

これが広告収入だけを取るためのサイトだとなかなか応用が利きません。

やっと今後の方向性が定まってきました。



cooltatujin at 23:44コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月11日

昨日、支部の総会だったんですが、先輩行政書士の昔の話を聞きました。その方は、仕事をやるより、仕事を取る方が難しいとおっしゃっていました。開業当初、売上は15万円にしかならず、会の方にどうすればよいか聞いてはみたけど、仕事の取り方を教えてくれるわけではなかったそうです。

そして、今年登録された方の話も聞いたんですが、営業のことについて聞かれました。登録の際に、営業のことは詳しくは教えてくれなかったようです。どういう話があったかはわかりませんが、詳しく教えてもらっているならあえて私に聞くまでもないでしょう。

そういえば、私のときもあんまり詳しく教えてもらった記憶はない。そして、今年新人研修会行ってみたけど、営業講座みたいなのはなかったわ。


仕事自体よりも、仕事の依頼をいただくことの方が難しかったりします。仕事については皆、試験を受かるなりしていますから、基本的な力はあるんです。わからないことがあったら聞けばいいんだし。

でも、仕事自体がないとどうにもなりません。そして、仕事の取り方自体についてはあんまり教えてくれる機会がないような気がするんだよね。新潟県の場合ですけど。運転免許があっても、車にガソリンが入っていなければ、車は動きません。





cooltatujin at 16:53コメント(3)トラックバック(0) 

2008年05月10日

行政書士 民事法務分野の未来の続き

行政書士の民事法務分野の先行きがなぜ厳しいと思うのか 今日はその理由を書きます。


現在、ネットでは「教えて!goo」のようなQ&Aサイトが存在し、簡単な質問ならそこで事足りるようになっていますし、多くの法律に関するサイトが存在しているので、やる気になれば、そこから情報を集め、本人で問題を解決することも昔に比べればやりやすくなっています。

そして、ネットの情報はますます有用になっていくと思いますから、ネットの情報に比較的簡単な行政書士業務が奪われてしまうことが多くなっていくと思います。

そうなると、どんどんパイが小さくなるだけですから、パイを大きくするために上位市場(より難度や報酬が高い業務)に移行する必要が出てきます。しかし、弁護士法のような越えられない壁が存在するため、上位市場に移行したくてもなかなかできません。

下はどんどん奪われ、かといって上にも行けない。これが私が行政書士 民事法務分野の先行きは厳しいと考える理由です。


では、先行きが厳しい中、今後どうしていけばいいのか?それは今考え中。

 
cooltatujin at 09:26コメント(0)トラックバック(0) 
行政書士による
無料相談会のお知らせ


新発田市地域交流センター2階
会議室 にて毎月第3木曜日に
13時半〜16時まで行なっています。

私も参加しております。
プライバシーポリシー

ブックマークに追加する

ランキング参加中です。クリックお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
プロフィール
akira








行政書士 齋藤聡
新潟県の田舎で仕事をしている。

フォトリーディング講座受講後、1日1フォトリーを合言葉に読書に励んでます。

憧れの人はビリー・ブランクス(ブートキャンプの人)
メールマガジン
悪徳商法の被害にあいにくくなる情報発信中!

カモられさんいらっしゃい 悪徳商法解約相談所
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ