書評

2009年11月04日

スポンサードリンク
 読んだからと言って、楽々社労士試験に合格できる本ではありませんが、初学者の方や試験での得点が20〜30点台の方が読むと効率的に勉強することができていいんじゃないでしょうか。書いてある通りに実践できれば、たぶん合格できます。個人的にはマーカーのやり方がためになりました。

社労士V ハルの社労士試験半年・一発合格の極意
cooltatujin at 22:34コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月27日

 しばらく前に買って、読んでいなかったのですが読んでみました。今まで本を読んでいて感じたことがないほどゾッとしました。いい意味で不安を煽られた。これだけでも読んで良かったと思います。士業の人でも読んでみて損はないと思うぞ。

 書かれてある思考法をぜひ実践してみたいと思いますので、繰り返し読んでみます。

全脳思考
全脳思考





cooltatujin at 00:14コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月03日

売れる21の法則

100以上のヒット商品を分析し、そこから売れるためのヒントを見つけ出そう! という考え方がこの本の趣旨のようです。

売れる21の法則 目次
1「模倣の法則」
2「未完成の法則」
3「第一印象の法則」
4「物語の法則」
5「新カテゴリーの法則」
6「置換の法則」
7「付属の法則」
8「問題解決の法則」
9「手間はぶきの法則」
10「集中の法則」
11「地域の法則」
12「潜在欲求の法則」
13「シミュレーションの法則」
14「常連の法則」
15「拡張の法則」
16「法改正の法則」
17「意味づけの法則」
18「可視化の法則」
19「コンテンツ転用の法則」
20「非常識の法則」
21「AISASの法則」

ヒット商品の分析について「それってどうなのよ?」と思うものがあったり、「これってまず法則ありきで、後付で該当するヒット商品探してきたんじゃ・・・?」と感じる箇所もありましたが、法則自体については基本的に頷けるものでした。

法改正の法則なんて行政書士などの士業にとっては欠かせないものですよね。

あとは、自分が知らない商品を知ることが出来たのも良かったと思います。「こんな商品がヒットしていたのか!」と勉強になりました。


それと、売れる21の法則を買う場合は、売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則もあわせて買ってはどうでしょうか。

売れる21の法則
売れる21の法則



cooltatujin at 22:55コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月08日

プロフィット・ゾーン経営戦略―真の利益中心型ビジネスへの革新

いかにして高収益をあげるか? そのヒントをくれる本です。22の利益モデルを紹介すると共にGEやコカ・コーラなどの事例も載っているので理解しやすいと思います。

行政書士の場合は、顧客ソリューション利益は必ずおさえなければいけない部分でしょう。

あと、この本の知識は株式投資に活かすことも出来るかもしれません。


プロフィット・ゾーン経営戦略―真の利益中心型ビジネスへの革新
プロフィットゾーン


cooltatujin at 23:40コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月10日

ポーター教授『競争の戦略』入門

以前読んだ本で「ポーター」という言葉が出ていました。ポーターって何?と思った私は、Amazonでポーターで検索してみると、「競争の戦略」という本が出てきました。その本の著者がポーターという人です。

競争の戦略読んでみたいと思いましたが、6000円近くしたので、とりあえず、やすい解説本を買うことにしました。それが「ポーター教授『競争の戦略』入門」です。

難しい競争の戦略を理解するためにイラストも入っていてよいのですが、解説本ですら私には難しい(笑)途中で全くついて行けなくなりました。

競争の戦略も思い切って、買って、何度も読んでものにしたいと思います。

ポーター教授『競争の戦略』入門
ポーター教授







cooltatujin at 22:41コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月09日

パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す

ブランディングという言葉はよく耳にするけれど、どうしたらいいのか?と聞かれると、どうしていいのかわからない。

パーソナルブランディングは、ブランディングの具体的な方法が書かれた本。ブランディングという言葉に興味がある人は一度読んでみた方がよいと思う。

ブランディングにおいても、特化は大切なようだ。やはり、あれこれ手を出そうとせず、自分の得意分野、興味がある分野に専念する方が良さそうです。

パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す
パーソナルブランディング






cooltatujin at 21:36コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月07日

千円札は拾うな。

この本からは、常識にとらわれすぎないこと、将来を見据える大切さなどを学べるのではないでしょうか。

なお、興味を引くタイトルや見出しにこそ、この本の真の見所はあるように思います。

千円札は拾うな。
千円札








cooltatujin at 22:00コメント(2)トラックバック(0) 

2008年05月06日

究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル

セールスレターのノウハウ本。セールスレターを書く際のテクニックや具体例が掲載されていて、理解しやすいのではないかと思います。

別の本で見たようなことが結構書かれているんですが、それらの本の元ネタの一つになっているのがこの本だと思います。

3つの公式やテクニックを頭に入れて、様々なセールスレターや情報商材などの販売ページを見てみると、何が鍵になっているのかわかって面白いと思いますし、勉強になると思います。


強力なノウハウ本だと思いますが、それ故に使い方を誤ると長い目で見ると良くないことが起こりそうです。

究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル
究極のセールスレター






cooltatujin at 22:54コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月04日

無敵のマーケティング 最強の戦略

売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則を補完する本という印象です。

22の法則で出てきた一番手の法則や集中の法則がこの本でも出てきます。22の法則を読んでからこの本を読んだ方がすんなり理解できます。

戦略やマーケティングに関する本を最近いろいろと読んでいますが、著者によって結構言っていること違っていて、混乱しています。ある本でよしとされていることが、違う本では斬り捨てられていて、読む方からすれば「何を信じたらいいの?」という感じで頭が混乱気味ですが、実践して、自分なりの答えを見つけます。

無敵のマーケティング 最強の戦略
無敵のマーケティング







cooltatujin at 23:29コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月29日

のぼうの城

舞台は戦後時代末期の関東。豊臣秀吉が小田原城を攻めている頃のお話。

豊臣秀吉の部下である石田三成・大谷吉継らが率いる2万の軍勢に、2千あまりの兵(農民含む)で立ち向かうのがこの本の主人公である のぼうこと成田長親だ。

のぼうとは、「でくのぼう」のことである。周り(武士だけでなく農民も)からはのぼうと呼ばれ、実際に身体はでかいが、武芸に秀でているわけでもない彼がいかにして大軍に立ち向かうのか?

続きが気になり、一気に読んでしまいました。思わず涙腺がゆるむ箇所すらありました。私涙腺弱いだけなんですけどね。

ここ最近はずっと小説を読んでいましたが、久々に楽しめました。

のぼうの城
のぼうの城






cooltatujin at 23:57コメント(0)トラックバック(0) 
行政書士による
無料相談会のお知らせ


新発田市地域交流センター2階
会議室 にて毎月第3木曜日に
13時半〜16時まで行なっています。

私も参加しております。
プライバシーポリシー

ブックマークに追加する

ランキング参加中です。クリックお願いします!
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
プロフィール
akira








行政書士 齋藤聡
新潟県の田舎で仕事をしている。

フォトリーディング講座受講後、1日1フォトリーを合言葉に読書に励んでます。

憧れの人はビリー・ブランクス(ブートキャンプの人)
メールマガジン
悪徳商法の被害にあいにくくなる情報発信中!

カモられさんいらっしゃい 悪徳商法解約相談所
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ